松本 隆
Matsumoto Takashi
営業+イベント運営
2010年入社
Interview
地道な積み重ねの先に、
自分らしさを
活かせる時が来る
美容のプロフェッショナルと仕事ができる
就職活動中は業界を問わず、銀行や百貨店など様々な企業を受けました。そんな中で、高校生の頃に『CHOKi CHOKi(チョキチョキ)』という雑誌が好きで、華やかなイメージもあり、美容業界で働きたいという気持ちが段々強くなりました。最終的に、美容のプロフェッショナルと仕事がしたいと思って、ナプラに決めました。就職活動をしていた当時は、営業の仕事についてほぼ何も知らなかったのですが、華やかに見えていた分、入社してからは、意外と地道な仕事が多いなという印象でしたね(笑) ただ、そこでコツコツ取り組んでいたことが、今になって「ためになっていた」と感じることがたくさんあります。オンとオフのメリハリだったり、若い頃にいろんなことを学べて、今に活きていると思いますね。
美容師さんたちとのつながりが営業の面白さ
営業の仕事では、自分の提案でサロンさんに商品を買ってもらったりですとか、企画が通ったりとか、大手サロンさんとの取引が決まったりとか、そういった売上をつくることは、やりがいのひとつです。ただ、経験を積むにつれて、仕事観も少しずつ変わってきました。最近は、サロンオーナーや美容師の方と話したり、そこで生まれるコミュニケーションにやりがいや楽しさを感じています。お客さんと趣味の話をすることもありますし、あと、入社間もない頃に出会ったアシスタントの美容師さんがディレクターになったり店長になったり、仕事を通じてその人のキャリアアップを横で見ることができるのも嬉しいですし、面白い。アシスタントだった方がデビューした時はお祝いでカットに行くこともあります。これも、営業の仕事を長く続けてきたからこその面白さでもあるのかなと思いますね。
イベントを楽しんでもらうことが商品PRになる
営業ともうひとつ、イベントの仕事も担当しています。主には、美容師向けのセミナーや雑誌の撮影、ヘアショーの運営・企画ですね。最近では、音楽フェスのヘア アレンジブース出展も手がけました。行列ができるほど反響をいただいて、嬉しかったですね。実はプライベートで、学生時代からずっとクラブイベントをやっていて、人を集めて楽しんでもらうのが好きで、その経験も仕事に活きているのかなと。ナプラ主催の美容師向けセミナーでも、たとえば「○○セミナー」というカタい表現ではなくて、新しいキャッチフレーズを考えたり、フライヤーのデザインアイディアを出したり、美容師さんが「面白そうだな」と楽しみにしてもらえるように常に工夫しています。経験を積んできた分、個人的な楽しみでやっていたことをビジネスにつなげられることも増えてきたと最近実感しています。これからも新しいことにトライしたい。言われてやるだけの仕事じゃつまらないですからね。
学生へのメッセージ
シンプルに、美容が好きな人が向いていると思います。僕自身、ここまでやってこれた原動力は、美容が好きだからということが大きい。華やかな仕事だけではないですが、美容師さんと一緒に仕事をしてみたいという想いがある人は、楽しく仕事ができる環境だと思いますよ。
Beyond the Border
考働力で、越ていく。
常に考えてすぐに行動へ移せるチカラを身につけ、
自分らしく活躍したいあなたのエントリーをお待ちしています。
マイナビ2019
pagetop