森川 大輔
Daisuke Morikawa
営業
2019年入社
Interview
お客様の信頼を勝ち取る
人間力を培う
細やかな気遣いは先輩の背中から学んだ
営業の仕事は主に代理店様への新製品案内、サロン様へのメニューやキャンペーン提案など多岐に渡ります。初めの内は先輩に同行してそのノウハウを学んでいくのですが、独り立ちしてからはまずお客様に話を聞いて貰うために何が必要なのか手探りの毎日でした。でもそんな時、同じチームの先輩は僕が何も言わなくても「話し方に抑揚をつけてみたら?」というように客観的な意見をくれるんです。口に出していない悩みが先輩には何故わかるのか、それだけ視野を広くもってメンバーをフォローしているんですよね。チーム内で協力し合える環境なので、社員同士の距離も近く、負担が一人にかかりすぎないようメンバー同士で悩みも喜びも共有してくれます。最近では予定が合えば社内のメンバーでサッカーをしたりと部活のような感じで休日も一緒に過ごすこともあります(笑)。
「ナプラの営業」ではなく、一人の人間として
今でも毎日が勉強の日々ですが、僕がこの仕事をする上で心がけている内の1つが「お客様からの依頼にどこよりも早くレスポンスする」こと。サロン様は大概たくさんのメーカーに問い合わせを入れています。その中でどこよりも早く丁寧に返事をすることを心がけていく中で、ある時一つの契約が取れたんです。その時のオーナーさんの一言が「“ナプラの”森川くんじゃなくて、“森川くん自身”が信頼できると思ったから契約した」と言われたことがあって。ビジネスではあるけれど、会社名で仕事をとること以上の嬉しさとやりがいを感じた瞬間でもあるし、自分の営業スタイルに自信が持てた瞬間でもあります。基本的にノルマもないのでトライ&エラーが実践しやすく、挑戦できる環境ですし、営業だけでなく時には採用・教育にも関わったりと様々な広がりを持てるのも弊社の特長。やりたいことにアクティブになれる土壌が自分には合っていると感じますね。
美容が好きな気持ちが一番のモチベーション
学生時代はやりたいと思うことを迷わずやってみて欲しいですね。僕は大学で経営やマーケティングを学んでいたこともありゆくゆくは営業を、と考えていました。なので、きっとその時が来たら役立つと思い接客のアルバイトをしていました。学生時代と社会人の一番の違いは、接する人の数が桁違いに増えることだと思います。限られた友人たちと接するだけの生活から、時には個性の強い仲間や接したことがない程年上のお客様を相手にすることもある。そんな時にも動じないで相手の懐に入っていける力は、人と接することで磨かれたと思います。後、やはり一番は美容が好きなこと。一見華やかですがそれだけではないのがこの世界です。その時どう踏ん張れるか、は好きな気持ちにかかっていると思います。仕事を通じてサロン様に、業界に、何を還元できるかを考えられる人と共に働きたいですね。
ONE DAY SCHEDULE
  • 8:30

    サロン様へ訪問(直行)
    営業前のお時間を頂き、導入していただくカラー剤の勉強会を行う。
    (代理店営業様、ナプラインストラクターと同行) 
  • 10:00

    帰社
    午後のサロン様訪問のための資料・サンプル準備
  • 12:00

    昼休憩
  • 13:00

    サロン訪問
    5件ほどサロン様を周り、以前より問い合わせをいただいていた商品についての資料とサンプルをお渡しする。一週間後に再度訪問・ヒアリングのアポイントを取る。
  • 17:00

    帰社
    翌日の資料準備。午後のサロン訪問での確認事項を先輩に相談。
  • 18:00

    退社
学生へのメッセージ
僕は学生時代からおしゃれや身だしなみの一環として、ヘアワックスを愛用していたことからナプラに興味を持ちました。今でもこの仕事で必要なのは、美容を愛する気持ちと、おしゃれが好きなこと。そして人が好きで、出会った人を思いやる気持ちが持てることだと思っています。
Beyond the Border
考働力で、越ていく。
常に考えてすぐに行動へ移せるチカラを身につけ、
自分らしく活躍したいあなたのエントリーをお待ちしています。
マイナビ2023
pagetop